rcube
Blog
2020年
01月31日

スキルよりもカルチャーマッチ!〜#私たちのカジュアル面談 〜

こんにちは!アールキューブ採用担当の児島と申します!

アールキューブでは、転職中の方・新卒社員の方向けに、気軽に会社に遊びに来てもらえたら!という気持ちを込めて、『カジュアル面談』を実施しております!

ということで・・・
まず、はじめに簡単に自己紹介を!

私は2018年の7月、約1年半前に株式会社アールキューブに入社し、新卒・中途採用、広報、秘書業務を担当しています。
前職は、約5,000人規模の某大手スーツ会社にて、約8年間グループ広報・CSR推進等を担当していました。そんな中、結婚・出産という人生の転機を迎え、復職をして1年経過した後、せっかく子供を預けてまで働く選択をするなら、自分の仕事内容がどう会社の成長に繋がっていくのか、その成長がどう社会にインパクトを与えていくのか・・・もっとダイレクトに感じられる場所で働きたい!と思い、ベンチャーを中心に転職活動をスタートしました。

そして数ある転職サイトの一つとしてWantedlyに登録、アールキューブからスカウトメッセージをもらったことがきっかけで、話を聞きに行き、入社に至ることになりました。

そう、わたしもカジュアル面談がきっかけでした!その当時は社長自ら採用をしていたタイミングで、「こんにちは~」と出てこられて、まずびっくり笑。面接ではなく、フランクなお茶会という雰囲気で構えることなくとても話やすかったのを覚えています。

入社を決めた最大の理由は、こんなにも熱く真剣に想いを語る人がいるんだと、、、社長である山崎の人柄や考え方に魅力を感じたことはもちろん、事業を通して実現しようとしている”こころがつながる社会をつくる”のビジョンに共感したことでした。そして、純粋に会社が目指す世界観をアールキューブの一員となって一緒に実現してみたい!その一心でした。

【社長インタビュー】こころがつながる社会をつくる。ウェディング業界に変革を。

当初は、広報として入社をしましたが、現在は新卒採用・中途採用、社長室業務等、まったく未経験の仕事を「まず、やってみる。」の環境でやらせてもらえていることはすごく有り難いなと思っています。

もちろん以前よりもやれることが増えた分忙しくなり、体力的にもっと鍛えねば(笑)!!の毎日ですが、心は充実感があり、笑顔で子供をお迎えに行けるのも、アールキューブが目指すビジョンにワクワクしながらみんなと働けているから。どうぞ、よろしくお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アールキューブのカジュアル面談とは?
そんな私が働くアールキューブでは、スキルマッチよりもカルチャーマッチを重視しています。

採用担当と面談者である前に、“人対人”としてコミュニケーションをとることを心がけています。

特に履歴書など持ち物も必要ありません。
服装も自由で構いません。

コーヒーを飲みながら、できるだけカジュアルに、約1時間という短い時間の中でざっくばらんにお互いのことをリラックスして話せるような、そんな空気感でやっていますので、気軽に会社に遊びに来てほしいなと思います。

そしてせっかく来ていただいたので、会社のことについて主に以下4点お話させていただきます!
①アールキューブの成り立ち
②ビジョンである”こころがつながる社会をつくる”とは
③結婚式の常識を変えるため展開している「会費婚」のサービス内容・ビジネスモデル
④どんな人が働いているのか・社風
④のどんな人が働いているのか!を感じていただくために、オフィスツアーもしています。

アールキューブのこだわりのオフィスはこちら!

え?オフィス??カフェ???
そう、ここは実際に面談でも使用している会費婚の打ち合わせサロンなのですが、実は右側に見える草の生い茂った”動く”壁の向こう側にオフィスがあります。えっ!動く壁とはなんぞや!と思った方!なぜ壁を動くようにしているのかという謎も、お越しいただいた際にお話できればと思います!

オフィスツアーでは、アールキューブで働く各部署のメンバーを紹介しながら、会議室、キッチン等、すべてお見せします!

リアルに働いている風景、社員同士の距離感をありのままお見せできるので、実際にアールキューブで働くことになったらこんな感じかな?!というイメージが付きやすいと思います★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実際にオフィスに来てみたい!と思ったあなたへ。
アールキューブのオフィスは、

・表参道から 約5分
・渋谷から 約10分
・明治神宮前から 約10分
・原宿から 約15分
※歩くスピード、歩幅により多少変動あり笑
はいっ!ここにあります↓↓

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-46-16 IL CENTRO SERENO 1F (google map)

この建物の1F!

受付に入っていただくと、ipadがありますので、お名前を入力していただければ、受付までお迎えに上がります!

是非一度、遊びに来てみませんか?
お待ちしています!

もし、東京になかなか来れない方がいらっしゃれば、テレビ電話(skype、ハングアウト)での面談もやっていますので、気軽にご連絡くださいね!

yumiko
2020年
01月16日

全員で同じ方向を向いて働く楽しさを体感したい!と入社を決意した私がここで働く理由。

2018年4月に新卒入社。入社後は、営業部、マーケティング部、そして現在は経営管理部にて未経験ながらも労務・総務・経理を担当。どの部署でも、自分のやるべきことに対して努力を惜しまないYUKIKO・Fにインタビューしました。

運命のキーワードは『こころがつながる社会をつくる』

大学時代は教員免許を取得していた為、公務員になるのもいいかな…と思いながら、大学3年生の秋冬頃に就職活動をはじめ、その年の年末にスカウトをもらったことがアールキューブとの初めての出会いでした。・・・一体どんな会社だろう?と思い興味本位でホームページにアクセスをしてみると、一番目立つところにあった『こころがつながる社会をつくる』という言葉(ビジョン)が目に留まりました。学生時代から「つながり」というキーワードに興味を持っていたので、なんとなくその言葉が気になり、年明けに少人数座談会に参加。当日は、私を含め学生3名と採用担当2名、そして社長の山崎の計6名でのカジュアルな雰囲気で行われました。はじめに会社や事業の説明があり、その後山崎からビジョンである”こころがつながる社会をつくる”について話をしていただきました。アールキューブの目指す世界観にワクワクし、それを活き活きと話してくださる姿に「『働く』ってすごく面白そう!」と素直に感じたのを覚えています。

その後の質疑応答では、就職活動について相談する機会がありました。香川出身の私の地元では公務員になる人が多く、大学でも大手企業を目指すのが主流といった雰囲気がある中で、あまり定まらずにいた就活の方向性や、会社の選び方について相談しました。その時に採用担当の大和さんに言われた『制度や福利厚生の充実度という尺度もあるけれど、入社した会社に足りないものがあれば自分たちで作ればいい。』という言葉がとても印象的で、その後の思考を変えるきっかけになりました。確かに、充実した社内制度や福利厚生の条件をベースに会社を選んだとしても、もしかしたら結婚相手の転勤などで職場を変える必要が出てくるかもしれず、どんなにいい条件・制度でもそれを享受し続けられるとは限りません。であれば、変化に適応して自分の足で生きていけるように、社員が働きやすい環境は自分たちの手で創る、そんな働き方ができる場所に属したいと思うようになりました。

その後はベンチャーを中心に選考を受け、最終的に当初から惹かれていたアールキューブと、既に内定をもらっていた2つに絞りました。両社とも同じくらいの規模感で、それぞれに魅力を感じていたのでかなり迷っていましたが、最終的に決め手になったのは、山崎から言われた『全員で同じ方向を向いて働く楽しさを体験してほしい』という言葉。もう1社は個々の目標に向かって走っている印象だったのに対し、アールキューブには一つのゴールに向かってチーム一丸となって全員で走っていく社風があります。自分が最初に惹かれた”こころがつながる社会をつくる”というビジョン達成に向けて走っているメンバーの一員になってみたい!そして、急成長中の今のアールキューブに入社するからこそ感じられる面白さがきっとたくさんある!とワクワクし入社を決意しました。

内定後、2月中旬頃から配属予定の営業部にて簡単な電話対応、受付案内、接客に出るためのロープレなど、インターン研修がスタートしました。ロープレテストではなかなか思うような接客ができず、悔しくて号泣しながら、早く先輩社員さんに追いつきたい!・・・その一心で必死の毎日を過ごしたことを思い出します。また私の他に同期が1名いるのですが、人数が少ないからこそ相手の成績や結果もよく見えるので、当時は負けるものか!とものすごく意識していました。現在は違う部署でそれぞれの業務に没頭していますが、当時ライバルとして本気で頑張った時間を共有しているからこそ、信頼関係も強く、本当にかけがえのない存在になっています。『2018卒っていいよね!』『冨士見/高田の同期ってすごいよね!』と皆から思ってもらえるように頑張ろう!とよく2人で話していますね。

全員で同じ方向を向いて働く楽しさを、実感。

入社してから、営業部、マーケティング部、経営管理部と3部署を経験させてもらっているのですが、一番最初に経験した営業部では、様々な年齢層・タイプのお客様に合わせてコミュニケーションをとること、言葉遣い、立ち振舞いなど、社会人としてのベースの部分をすごく学ばせてもらいました。またチームで毎月予算を持ち、そこに向かって数字を追っていくことは大変でしたが、みんなで一丸となって最後の最後まで粘り達成した時の感動は営業部ならではの経験だったと思っています。

約1年半前、営業チームの中で自分だけ予算が足りず、残りの成約数あと1件で達成!という状況でなかなかあと一歩が決まらないお客様がいたのですが、当時の上司が粘ってくれ最終営業時間が終わる瞬間に成約。当時の新レコードを達成できたあの瞬間は本当に感慨深いものがありました。これが山崎が言っていた『みんなで同じ方向に向かう楽しさなんだ』と肌で実感し、たった一人でゴールに向かうのは苦しいけれど、周りのみんなが一緒になって頑張ってくれる姿勢、自分以上に喜んでくれることに一体感を感じ、一生懸命やってきてよかったと思いました。

知らないことを知ること、って面白い。

現在は、経営管理部という部署で、経理・労務・総務を担当させていただいています。異動した当初は、もちろん知識は0。そして、今でも毎日知らないことや分からないことと戦う日々を過ごしていますが、営業の頃よりも視野が広くなって会社全体を俯瞰して見れるようになりました。また、根拠が見える業務だからこそ、なにか問題が発生した時に何をどうしたら改善されるかという納得感を得られる仕事なのですごく面白いです。また、この部署にきてから、自分で調べて考えてどうにかする!という力がついてきたように思います!例えば、総務の仕事では健康診断の手配だったり、トイレの修理の仕方だったり…(笑)そんな単純で簡単そうなことさえ意外と知らないことばかり・・・。必死で調べて自分で一回考えて、そして行動してみる、という人として生き抜いていく力が少しずつでもついてきているかな、と思いますね。

今の目標は、会社の経理を回せるようになること。

アールキューブはまだまだ会社として不完全で、足りないものがたくさんあるということを経営管理部にきて初めて知ることができました。今の目標は会社の経理を一人で回せるようになること!これまではまだ現状を把握すること、目の前のことを理解するので精一杯でしたが、アールキューブのメンバーがもっと働きやすい環境をつくるため、そして会社としての基盤がしっかりするように、今後はフロー改善等にもっとコミットしていけたらと思っています。

愛情をたくさん感じられる環境で。

同じ部署のメンバーはもちろんですが、部署以外の人でもちょっとした一言をかけてくれたり、気にかけてくれたり、愛情を感じられる場面が多々あるのがアールキューブの素敵なところだなと思っています。仕事って楽しいことだけじゃなく、苦しい時も、辛い時もたくさんあり、自分自身と向き合って解決しなければいけないこともたくさんあります。それでも一杯一杯になってしまった時には、必ず誰かが気付いてくれ、きちんと向き合って手を差し伸べてくれる安心感があります。だからこそ、目の前のやるべきことに集中できますし、会社を自分の居場所だと思えるのがすごく幸せですね。

《まず、やってみる。》《なければ、自分でつくる。》ができる人と。

アールキューブには会社として必要なもの、足りていないことがまだまだたくさんあると感じています。より素敵な会社にするために、『もっとこうしたら・・・』を考えられ、それを実際に周りを巻き込みながら行動に移してくれる人と一緒に働けたらすごく心強いな、と思います。アールキューブの行動指針にある、『まず、やってみる。』『なければ、自分でつくる。』の意識を持って、躊躇なく行動してくれる方!、自分が動かしていくという熱い情熱を会社に注いでくれる方!これから更に成長し、面白くなっていくフェーズのアールキューブを一緒に創っていきませんか。

yumiko