rcube
Press / Blog
2019年
11月28日

社員5名の会社に入社した私。決め手は、ビジョンへの共感と、事業に”ワクワク”できたこと!〜新卒1期生 Interview 〜

アールキューブ新卒1期生として2014年に入社してから5回も部署異動を経験。丁寧で、思いやり溢れる仕事ぶりで、社員はじめウエディングプランナーさんからも絶大な信頼感を得る、アールキューブいち”マルチプレイヤー”として活躍する彼女にインタビューしてきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q.どんな就職活動をしていたの?そして入社までの経緯を教えて!

A.大学卒業後は海外でボランティア活動しよう・・と考えたこともありましたが、祖父の体調が悪くなってしまったタイミングと重なり、日本でできることを探そう!と、遅めの就職活動をし始めました。就活サイトに掲載されている企業紹介の文面を読み、少しでも気になったり、興味を持ったら実際に会社に足を運んで、説明会に参加したり実際に選考を受けたりしていました。ただ、企業紹介の内容記事がすごく面白くても、実際に会社に行くと全然イメージと違ったり、、、。逆に、書いてあることは普通でも実際はすごく魅力的だったり、、、。とにかく自分が”ワクワク”できるような会社に出会えたら!と思いながら就職活動をしていました。

Q.どんな軸で企業選びをしていたの?

A.業界や企業の大・中・小問わず、”理念共感”を軸にしていました。会社が大切にしている価値観や目指しているビジョンやミッションに心から共感できたり、面白い!と興味を持てるかどうかを大切にしていました。思い返せば、大学を選ぶ時も学校が掲げている理念が自分のこころに刺さるかどうかで入学を決めていましたね。

Q.なるほど!大学選びから理念共感を大事にしていたんだね。アールキューブとの出会いや、印象を教えて!

A.企業紹介文を読んでも、実際に会社に足を運んでも両方”ワクワク”できたのがアールキューブだけでした!応募書類が通って、グループディスカッションに参加させてもらったんですが、その時に出会った社員さん皆がアールキューブが大切にしている行動指針(R STANDARD)の一つ、”ちゃんとカッコつける。”の通り、ちゃんとカッコよく、そしてキラキラ輝いていました。また、社員の皆さんが作り出す雰囲気がものすごく良くて、何より楽しそうだったのが印象的でした。それに、”あれ社長だよね?”って思う程、社長が社員に馴染んでいて、社員との距離感の近さに驚きましたね(笑)また、オフィスは当時今よりもかなり狭かったんですが、私には”新しい常識を作ろうとしている素敵な基地”に見えました。

Q.会社のどんなところに魅力を感じたの?

A.学生時代に東日本大震災(2011年3月11日)が起こり、東北の方に行く機会が何度かありました。震災で被災した方々や困っている人たちのために手を差し伸べている人たちを見て、私自身もどんな形であっても同じ様に困っている人たちの力になることができたら…と強く感じるようになりました。
アールキューブも、”本当は結婚式を挙げたいのに経済的に難しくて挙げらずに困っている人がいる。”というところに着目し、そんな人たちの力になりたいと”会費婚”という事業を形にしました。そんな私の想いにリンクしている事業にワクワクしたことも、入社を決めた大きなポイントでした。

Q.そして、社員5名の会社に、新卒5名が入社したんだよね!!!

A.はい!ビジョン共感だけで会社を選んでしまった為、社員5名規模の会社だったなんて…!とあとから気付きました。その当時は、もっとHPの企業紹介文を隅々まで読んでおけばよかったー!なんてちょっと不安になったのを覚えています(笑)特に両親はものすごく心配しましたし、「同じウェディング業界でも、もっと大きな規模の安定した会社もたくさんあるし、アールキューブじゃなくてもいいんじゃないか」と言われました。そんな両親に向け、入社後に社長から”娘さんを任せてください!”という手紙が届き、社長の熱心な想い、そして会社の成長性に両親も期待をしてくれました。


(一緒に入社した同期3人)

Q.入社後の仕事内容は?

A.入社後は、ウェディングプランナーとして働き始めました。最初の頃は、経験の浅さからか、私の言動や行動でお客様を不安にさせてしまうことも多々ありました。そんな時はいつも先輩社員の舞さんがサポートしてくれました。どんな時も、厳しくもあたたかく支えてくれる環境にすごく感謝しましたね。
そしてプランナーを約3年間経験した後は社長室に異動し、採用や秘書業務、名古屋・大阪の店舗の立ち上げに携わることになりました。これまでは、会話の相手が対お客様だったのに対し、社長が関わるビジネス関係の方とお話することが多くなり、また違った角度で会社に関わることができて、すごく刺激的で楽しかったですね。何より、アールキューブの目指すビジョンやカルチャーに本気で共感してくれる取引先様との関わりやあたたかいサポートによって会社が成り立っているということを実感することができました。またアールキューブを創った人(社長)のすぐ側でものごとの考え方や、価値観を学べたことは、本当に恵まれている環境だったなと感じています。

Q.貴重な経験だよね!その後はマーケティングをやっていたね。

A.2017年9月の名古屋店、2018年4月の大阪店の立ち上げが落ち着き、新卒採用も落ち着いた頃に急に人事異動があり、たった一人でマーケティングをやることになりました(笑)本当に知識がなく右も左もわからなかったので、社長のお知り合いの会社の方にサポートをしていただくことになりました。数字の見方などわからないことがあれば何度も何度も電話をかけさせてもらったんですが、契約外の初歩的な質問にもいつでも親身になって相談に乗ってくださいました。アールキューブという会社のため、社長のためだったら…と、親身になってくださるあたたかい関係に、こころがつながる瞬間を感じました。

Q.素敵!そして入社6年目の現在は、サービスマネージメント部に異動してどんなことをしているの?

A.2019年の1月からサービスマネージメント部に異動になりました。アールキューブと契約しているフリーランスのウェディングプランナーさんとご新郎・ご新婦様の間に入り、会費婚サービスの価値を高める取り組みや施策を考えています。また、プランナーさんのキャスティングやプランナーさんに向けた勉強会を開いたり、結婚式で使うアイテムの商品開発等をしていますね。


(サービスマネージメント部のチーム)

Q.入社してから、本当にマルチに活躍しているね!

A.本当に色んな経験をさせてもらえることや、失敗してもいいからと未経験の環境にあえてチャレンジさせてもらえる環境に感謝しています!

Q.6年間もアールキューブで働いているSAORIだからこそ語れる、アールキューブの魅力を改めて教えて!

A.アールキューブは、社長(会社)が実現しようとしているビジョンに、共感している人たちで構成されているので、同じものをいいと思えたり、逆に違うものは違うと感じられる感覚・判断軸が共通しています。新卒も中途入社のメンバーも、ベースにある価値観が一緒の方が採用されるので、この人と一緒にビジョンを目指していきたいと思える素敵な人たちばかり。条件とか待遇よりも会社と人の想いが合致していることの方を大切に考えている、”同じ想い”を持っている人が集まっているところが一番の魅力ですね!
あとは、人として正しい考え方や行動に導いてくれる人がいることですね。”その行動おかしいよ!”とか、”こういう考えだから、お客様にこう捉えられるんだよ”とか、ちゃんと指摘してくれたり、叱ってくれる人がどこの部署にもいます。指摘されすぎたときは、鼻水垂らして泣いたこともありました(笑)

Q.最後に、SAORIがこれから一緒に働いてみたい人を教えて!

A.自分はこの職種に向いているとか、向いていないとか自分で決めつけずに、会社や周りのメンバーが導いてくれた可能性に対して、100%受け入れられて、前進しようとしてくれる素直な人ですね!そんな私たちに共感し、アールキューブで一緒に働きたい!と思ってくれたら是非コチラから応募してね!!

2021新卒/中途採用ページはコチラから

yumiko