rcube

Interview

2015年 中途入社

M.Y

『何をやるかよりも“誰と何をやるか”が大事!』

入社の決め手は
新卒で人材系のベンチャー企業に入社、その後PR会社に転職し営業を担当していました。その時の営業先の一つがアールキューブでした。

広報支援をしながら社長と話をしていくうちに、人柄はもちろん、会社が掲げる“こころがつながる社会をつくる”というミッションや、“結婚式の新たな常識をつくる”というビジョンに共感。“自分もその想いに貢献したい!” “若き20代を会社やチームの為に本気で使いたいと思える会社はここしかない!”と思い、入社を決意しました。
初の全国展開1店舗目となる名古屋サロンの立ち上げを一人で行う!
2017年1月、初めての名古屋転勤でした。見知らぬ地で右も左もわからず、オフィスもないところからのスタート。毎日近くのスタバやお取引先の空いたデスクを借りて仕事をしていました。HPを見て来店してくださった新郎新婦様との接客も、ホテルのラウンジやスタバを利用して実施。それでも「アールキューブのサービスが素敵!あなただからお願いしたい!」と約8ヶ月で60組以上のお客様からお申込みいただき、無事名古屋店をオープンすることができました。

名古屋を去る際には、取引先の皆さんから寄せ書きのTシャツやご当地土産などサプライズでいただき、「こうやって色んな人と出会って、心がつながるってこういうことなんだ」とアールキューブのカルチャーを身をもって感じました。
首都圏エリアマネージャーとして、9ヶ月で約700件の婚礼受注&施行を実施!
名古屋立ち上げ後、東京に戻りエリアマネージャーとして大きな予算を達成させて行く日々でした。毎年過去最多件数の施行があり、受注も毎月会社の新記録をぬりかえていく、そんなタイミングでの異動でした。

マネージメント経験がない中、急に部下が10人増員。関係各社や約1年離れていたメンバーについて知ることにとても時間がかかりました。最初は全く上手くいかず、感情的になったり、信じて委ねることが出来なかったりと皆にはたくさん迷惑かけたと思います。ただ、本当に素敵なメンバーばかりが集まっていたからこそ、自分の成果がチームの結果に繋がると信じ、「このメンバーで絶対に達成しよう!皆で最高のチームを作ろう!」ということだけをひたすら言い続けました。

そして、エリアマネージャーとしての最終出勤日、新卒社員の女の子が最後の最後に粘って結果を追い続け、営業終了ギリギリで最終目標を達成!アールキューブ史上初の目標件数を達成し、鳥肌がたったのを今でも覚えています。
やりがいを感じる瞬間とは
アールキューブで働いていて特に感じるのは、チーム一丸となって同じゴールを目指して進み、その目標に到達できた時の達成感を皆で共有できるところです。アールキューブは優秀な人材よりもやる気と思いやりを持ったメンバーが集まっています。一つの目標に対して全員で120%の力を出した後に感じる達成感にはやりがいを感じます。

今担当している人事・採用面では、“アールキューブに入社して本当によかった”と思ってもらい、その人の人生がより楽しくなるような働きやすい環境を作れるところに魅力を感じています。

Interview

社員紹介