rcube

Interview

2018年 中途入社

M.M

"一緒に働く人や関わるお客様と深いつながりや
信頼関係を築きあえる仕事ができる"

キャビンアテンダントから転職をしようと思ったキッカケは
前職の2年間はキャビンアテンダントをしていました。国内・海外の色々な都市に行けたことがとても楽しく、視野が広がりました。仕事面では、すごく細かな気遣いのできる上司や先輩方が多かったので、本当に勉強になることばかりでした。

また、毎日のフライトで何百人もの年齢も国籍も異なるお客様を相手に接客をさせていただく中で、時にお叱りやクレームを受けることもありましたが、お客様の要望を汲み取ることの難しさや技術を学び、貴重な経験をさせてもらいましたね。

ただ、子供の頃からの夢だったCAになることが"ゴール"になっていたので、CAになった後どう自分が働いていきたいのか、何のために働きつづけるのかといった先のことまで考えられていない自分に気付いてしまいました・・・。入社前と入社後のギャップを人一倍感じていましたね。
アールキューブと出会うまで
転職しようと決めてからは、ベンチャーを中心に色々な企業を受けました。ベンチャーは0から1を作ることが多く、制度も自分たちが作っていくというスタンスなので、自分がやりたいことが実現できるんじゃないかと思ったから。

その中でウェディング業界に興味を持ったのは、偶然見ていたテレビ番組に出演されていた某ウェディング会社の方のお話に衝撃を受けたことでした。その後は、その方の講演会を聞きに行ったり、友達の紹介という縁で結婚披露宴のキャストとして働かせてもらい、ウェディング業界の面白さを肌で感じることができました。ただ、今後も現場で働き続けることは自分が理想としている働き方とは違うなとも感じ、そんな時、アールキューブの求人情報を見て、気になって会社に行ってみることにしました。
アールキューブに入社を決めた理由は
会社に行くと、いきなり社長と1対1の面談でがスタートしました。社長から創業の話、会社に対する想いや理念、ミッション、ビジョン等をお話いただき、社長の熱い人柄に惹かれました。その後、社員さんを何名か紹介していただいたのですが、"きっとこの社長のところに集まっている社員さんとだったら私はずっと一緒に働ける!"と直感でビビビッときて気付いたら"働きます!"と宣言していました。

入社後は、思ったとおり一緒に働く人は皆最高ですし、前職で感じていた入社前・後のギャップは一切ないです。ただ、自分が思っていた以上にスピード感のある会社だなと感じています。また、各々が自分の個を持っている感じがすごく好きで、誰かに意見を無理に合わせたりせず、自分の意見をしっかりもって発言できる人が多いことがすごくいいなと思います。
現在の仕事のやりがいは
結婚式の相談で大手海外挙式ウェディング会社(代理店)に来店されたお客様に帰国後パーティーをおすすめして、アールキューブへの来店を誘致するお仕事をしています。

私の仕事は、B to Bのやりとりがメインなのでビジネスとしての責任感を人一倍持つことや、代理店の方といかにリレーションを上手く築けるかが重要です。各代理店スタッフの方に帰国後パーティーをお客様におすすめしていただけるように、会費婚の魅力を伝えることはもちろんですが、それ以上に毎週、毎週通い詰めてスタッフさん全員の名前を覚えて顔見知りになることや、自分から積極的にコミュニケーションをとるようにして、スタッフさんの気持ちに寄り添いながら良い関係を築くようにしています。

この仕事は、自分がやればやる分だけ、数字がはっきり出るのでやりがいが持てますし、代理店スタッフの皆さんとのチームプレーで一体感を得られるのですごく楽しく、面白いですね。

Interview

社員紹介